· 

脳内スイッチングを愉しむ

30年ぶりに英会話に触れた。

 

仕事で、ある調査が必要になったためで、久しぶりの英語脳思考を少し緊張しながら楽しんだのです。

 

現在、日本で暮らしている私にとって、英語で話す機会はあまりない。

 

仕事で海外と取引するとか、ネイティブの友人がいるとか、そんなケースでない限り、英語を使う機会がないのが一般的です。

 

私は30年ほど前、「音楽を学ぶ」という理由で、アメリカのeast coastに数年住んだ経験があります。

 

そのときに感じたこと、そのあと帰国して感じたことを、ここに綴ってみようと思います。

星条旗
上平薫里コラムサイト「脳内スイッチングを愉しむ」

英会話のレベルと実年齢の差を感じる

「あなたの実年齢で会話しようとしないこと!」

 

それがアメリカに移り住む前にいただいた、私の音楽の先生からのアドバイス。

 

当時、このアドバイスの意味を理解していたかといえば、半分も理解できていない状態だったと思います。

 

「アメリカでは、英語以外で意思を伝えるすべがない…」と、実際に諦めに近い絶望感を味わうまで、このアドバイスの真の意味は理解できませんでした。

 

私の英語のレベルは、最悪だったのです。

 

「アメリカでは英語以外で意思を伝えるすべがない…」と最初に実感したのは、「日本人は、Soy sauce (醤油)をかけて食べるんでしょ?」と、日本理解に乏しいホストファミリーから、茹でたパスタと醤油を与えられたときでした。

 

英語レベルの低い私は、この誤解を解く英語力を持ち合わせていなかったし、子供の頃から過剰なビビりっ子体質なので「違う!」とも言い返せず、理不尽な想いを飲み込んで我慢しました。

 

別の日には、小学生の子供たちがTVで「セサミストリート」を観ながら大笑いしているのを観ても、一緒に笑うことが出来ずに「どこが面白いの?」と、場潰しに近いナンセンスな問い掛けをしたこともある。

 

それ以降、この小学生Boyは、とても親切に私の世話を焼いてくれるようになった(笑)

 

アメリカでは「英語が話せない=障害を持っている人」という意識があるからです。

 

そういう意味で「英語では、私の実年齢で会話ができない」ということの真の意味を理解したのでした。

「英語で会話する」課題から、生きていく術を学ぶ

「郷に入れば郷に従え」という言葉がある。

 

英会話に関しては、相手を理解しよう!という気持ちと、どうしたら理解してもらえるのか、理解してもらえるまで、とことん向き合おう!という、逃げない姿勢が必要なのだと思います。

 

「伝わって当たり前」と甘えるのではなく、「伝わるまで諦めずに、工夫して伝え続ける」を繰り返し、道を切り拓いていく。誤解を生まないように、丁寧に、丁寧に…

 

小学生レベル、高校生レベルと判断されても、抗わずに実年齢のプライドを捨てる。現状を受け入れて、そこからスタートする。

 

私の英語レベルが最悪だったため、「英語で会話する」という課題を通じて、どの世界でも通用する「生きていく術」を学びました。

 

そして、どうやら今でも私には、「英語で会話する」というキッカケが、脳内のスイッチングポイントになっているようです。

アイデア図
上平薫里コラムサイト「脳内スイッチングを愉しむ」

脳内スイッチングで、凝り固まった思考からの開放

1年ほど経つと私の英語レベルは、普通に生活することに支障がない程度にレベルアップしました。

 

それから約30年が経ち、日本で暮らす私には「英会話」という機会が、ほとんどなくなりました。それと同時に、私の中の英会話能力も、頭の中の奥底へと潜んでいったのです。そのことは、私にとって少し淋しいことでした。

 

「いつか、英語を使って仕事をしてみたい」と、ぼんやりと考えることがあります。

 

身につけた英語スキルを使いたい…という単に会話を楽しむものではなく、言語や習慣が違う海外の人との刺激を満喫したい気持ちと、日本に暮らす間に麻痺していった凝り固まった常識や規制から解き放たれたい気持ちの表れなんだと思います。

 

そう、「英語で会話する」脳内のスイッチングを感じたいのです。

 

全ての常識や規制から解き放たれることで、自由な発想が生まれる。その自由な発想は、アカデミックなアイデアを生み出す。アカデミックな発想こそ、私の体験から生まれた私らしさ。

 

「Kaori、

 『常識』って、どう意味だと思う?

 ただの大勢多数の意見でしかないんだよ。」

 

Timが教えてくれた、アカデミックなアイデアを生む、私の魔法の言葉です。

 

 

 

written by 上平薫里